持続化給付金の手続きで報酬を取るか

今、一番多い仕事は圧倒的に持続化給付金の手続きです。

中にはご自身で済ませて無事入金されているお客さんもいますが、ほとんどが「どうやるの?」「教えて」「やって」です。

データを集めたり、社長の横で操作方法を教えながら進めてといった具合なので、数時間は要します。

ここに手数料を発生させるかどうか。

確かに労力と時間がかかっているので費用は発生するかと。医者にかかった時や美容院に行った時、何かプラスでお願いしたら値段が上がりますので、普通のことかと。

また、申請が通れば個人事業主なら100万円、法人なら200万円出るのだからいくばくか手数料を頂いても良いと思います。

でも、僕は無料で請け負っています。

そりゃあお金は欲しいですし、手間暇かけたのだからそれに見合う報酬をもらうべきでしょう。それが商売です。

しかし、この制度の趣旨を考えると、ここでお金を取るのはどうかなと。

中には給付金無くても十分やっていけてるよねという「?」な方もいますが…。発生主義や実験主義の違い以外で試算表を操作するような方はお断りしていますし、それで契約を解除した所も一部あります。

そういったものに該当しない、本当に苦労しているお客さんからはお金は取れませんし、今年に限り報酬も下げています(そのために僕が赤字ですが、僕は去年からサラリーマンで4/1開業のため持続化給付金はもらえません…)。

駆け出し税理士で信用も無い中、足元を見られることも多々あります。

今はお金ではなく信用を稼ぐ時。

そう言い聞かせて儲からない日々と戦っています。

お金持ちになれると聞いて始めたこの仕事。20年前の自分をブン殴りたくなる時もあります(笑)

Follow me!

前の記事

ゴルフの嗜み