やらないことリストを作る

独立開業し、ひとり税理士として「雇わず、雇われず」やっていくことを決めたわけですが、一人でできることはほんのわずかです。

すぐにひとりの限界が来る以上、時間の使い方や仕事のしかたを考えなければなりません。

ここを怠ると、ひとりで夜遅くまで入力作業をしたり、土日も仕事をしたりする事になります。

それを防ぐために「やらないことリスト」を作りました(ホームページ上に「お役に立てないこと」として掲げています)。

  • 試算表を操作しない
  • 記帳代行しない
  • 紙を使わない
  • 安い仕事をしない

などです。掲げているのはほんの一部で、自分の中のルールとして秘めているものもあります。

まだ駆け出しのため、すべてが思うようにいく訳ではありませんが…。

ただ、安請け合いだけはしないようにしようと。たとえ前の税理士(僕が所属していた事務所も含めて)が○○円だったからそれと同じ金額(ただでさえ爆安なのにそれ以下という人も)でというのは相手はこれ幸いかも知れませんがこちらが気持ち良く仕事ができませんので。

中には安い上にコロナの持続化給付金の不正受給の相談をしてきた人間もいました(長らく担当させて頂いた会社でしたが、決算をもって解除させていただくことに決めました)。

食べていけるかどうかの不安に負けて「ガマンしてやる仕事」をしてしまっては心も体ももちません。

交渉ごとが昔から苦手なので、子供の頃から貧乏くじを何度も引いてきましたが、これからは誰も守ってくれませんし全て自己責任でやっていかなければなりません。

苦手とか言ってる場合ではないので、時に心を鬼にして。そういうこともしなきゃでしょう。

Follow me!

前の記事

三密を避けて

次の記事

恩師に手紙を