天職って何だろう

同業者からみたらありえないくらいの時間を費やして税理士になり、独立開業するわけですが…。

なりたかった仕事ではない

そもそも税理士を選んだ理由が不純でした。

大原でパンフレットを見たら「金持ちになれる度」がMAXだったから。

そして、こういう専門学校に行けばすんなり取れるものだと。

20代の頃、こんな状態で門を叩きました。

このような姿勢だから簿記が面白いとは到底思えるはずもなく…それでもサボりはしなかったのですが、もちろん成績は低迷し続けました。

臨む姿勢がよろしくないので、本気で頑張ってる人との差は開くばかり。後から来た者に追い越される。散々でした。

自分で決めた道なのに、心では「好きなことを仕事にしたい!」と叫んでいました。

ただ、それであっさり税理士の勉強を辞めて好きな事をやったとしても、またうまくいかなかったら逃げるのではないか、「逃げ癖」がついてしまうのではないか、そんな葛藤の日々でした。

まぁ、その葛藤で約20年が経ちましたが…。最初から好きな事を貫いていたら今頃それなりに結果を出せていたのかなと思うことは今もあります。

20年という時間…今、様々な分野でブレイクして人気者になっている人がまだその道にすら入っていなかった、生まれてすらいなかった、そんなとてつもなく長い時間です…。

でも、これで生きていく

夢を持つこと、天職に巡り合うこと、運命の人に出会うこと、これらに年齢は関係無いと思います。

40年生きてみて、その約半分を税理士になるために費やして、年齢的にも、立場的にも10〜20代の頃のような軽やかさは失われました。

それでも、長年苦痛と向き合い、克服してきました。

ここまで辞めずに続いたということは、潜在意識的には向いていると思っているのでしょう。

おかげさまで人並外れた忍耐力も身につきました(これも良し悪しありますが)。

「明けない夜はない」とはカッコつけてる人間の綺麗事だと心の底から思っていましたが、とりあえず明けました。本当に。

次の日没〜夜に備えて、この忍耐力で準備を始めています。

Follow me!

次の記事

固定電話は必要か