知識のアップデート

古いナビのまま走り続けているようなもの

現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?

① 20%

② 40%

③ 60%

さて、どれだと思いますか?

答えは③です。

この3択、チンパンジーは33%の確率で正解するそうです。三分の一ですので。

ところが人間の正解率はわずか7%で、正答率が世界一のスウェーデンですら11%だったそうです。

①の20%と答えた人が圧倒的に多かったのだそう。

ところが現実は①のような状況に置かれている女子は世界で2%以下との事。

「恵まれない国ではまともな教育を受けられない」という定説に囚われて勘違いしているということです。

確かに、小学校や中学校の社会の授業やユニセフのコマーシャルなどで発展途上国とりわけアフリカの生活の様子を見て刷り込まれたイメージです。

そのような古い知識のまま社会人になり(社会人になるとそんな知識は不要になる)、アップデートされぬまま数十年が経ち、持ってる知識が陳腐化し勘違いしたまま今に至るわけです。

勘違いが生む分断

最近、何かにつけて二極化したがる時代だなと感じます。

  • 金持ちと貧乏
  • 勝ち組と負け組
  • 陰性者と陽性者
  • 先進国と途上国

所得格差が拡大しているという話を聞きますが、世界では中所得国に人類の75%のが暮らしています。

日本は幸いにも高所得国に分類されるので、雨風しのげて三度の飯や着る物、車にも困らない裕福な暮らしができているので周りが見えていません。

日本人から見たらエジプト、イラン、バングラデシュ…と聞いたら発展途上国と思うかもしれませんがこれらは中所得国。

より良い方、より華やかな方に憧れるあまり、自分よりお金を持ってそうな人、リア充な人と比べては自分が劣っている、負けていると決めつけたり、コロナの検査数が爆発的に増えたから感染者も増えているだけなのに、偽陽性者や発症率といった数字を出さず、不安を煽るような報道をしています。特に日本という国は。

誤った情報、古い情報、断片的な情報だけで思い込み、勘違いから分断や差別が起こっているように感じます。

悪いニュースの方が広まりやすいので、マスコミもあえてそうしてるのでしょう。

振り回されないために

大半の人がどこにいるのか、自分がどの位置にいるのかを明らかにしたら良いでしょう。

リア充を見て羨んでいても凹み、嫉み、ストレス溜まるだけです。

常に新しい情報に刷新する。古いナビのままでは道が無くなっていたり新しい道に気付かなかったり、時間も労力もロスします。それと同じです。

Follow me!

前の記事

変わりたいなら…