困ってない時の神頼み

月に何度か、神社やお寺にお参りに行きます。特に困った事はなくても決意表明みたいな感じで。

受験など何か大きなチャレンジをする時や初詣、縁日にお参りに行く人は多いと思います。

実際に受験シーズンや祭りの時、初詣となるとあちこちの神社仏閣が賑わっていますし。

それ以外は閑散期というところが多いのですが、そういう人の流れに昔から違和感を感じていました。

「困った時の神頼み」です。

普段は何も考えていないのに、そういう時だけお願いする。

べつに神仏を深く信仰しているというわけではなく、目標に対する「心構え」です。

受験や祭りでなければ「行く意味がない」という考え方があると思います。暑かったり寒かったり花粉が舞ってたりする中、石段を何段も登ったり参道を歩いたり、めんどくさいので。

他にも、自分の家のお墓参りすらめんどくさいでしょう。

ただ、「めんどくさい」で済ましてしまう人とそうでない人とでは得られる結果に差がでてくるんじゃないかと思っています。

お参りなんて宗教的・文化的なことですから、そんな精神的なことは科学的には役立ちそうに感じないのですが、こういうことを丁寧にやるという気持ちが成功に一役かっているのではないかと思います。

「めんどくさいからイヤ!」という人と「ご利益あるかも知れないから行ってみよう」という人とでは物事に臨む姿勢が違います。

イヤで終えてしまえばゼロですが、そこに何らかの可能性を見出す努力をすればゼロがイチになります。

ゼロはゼロのまま。イチに出来た人はそこにニ、サンと積み重ねて行く事ができます。

いろんな所で見聞きしますが、ゼロをイチにするのが難しい。そこに価値があると。確かホリエモンもそんな事を本に書いています。

ホリエモンの本には「お参りに行け」とは書いていませんが、お参りに行って願い事をすれば「自分の願望」を再確認できます。金なり出世なり…。

日々無事に過ごせている事を感謝できれば、そういう姿勢が対人でも生かされます。感謝ができる人にはそうでない人よりもずっと幸運が集まります。

願望を達成するには日々強く思い続けることで引き寄せるといいますし、日本一の美容師の高木さんや錚々たる成功者たちは「感謝できない人間はダメだ」と言います。

まずは毎月一回くらいを目安に、お気に入りのパワースポットなり自分の家のお墓なりにお参りしてみてはいかがでしょう。

意外と近場に美味しい店があったり、巫女さんが綺麗だったりするものです(煩悩)。

Follow me!

次の記事

ブログネタについて