他の経営者に学ぶ

以前、Gacktさんの言葉で「オマエが手に入れたいもの既に持ってる人の言葉に耳を傾けろ。成功の近道だ。」というのを見ました。

もともと人のアドバイスは聞く方なので、なるほどその通りだなと。

情報過多の今、独学・我流は非効率です。

基本的な事を本やネット、口伝などでさっさと吸収して、その後に自分らしさ、創意工夫を追求したら良いかなと思っています。

独立を意識し始めたあたりから行く先々の店で経営者や店の雰囲気を観察する癖がつきました。

まだまだ駆け出しの身なので、店主が日々考えている事を聞いてみたり、人の使い方や店の調度品など、学べることはないかなという視点です。

一番「すごいなぁ」と思うのは開業医の医者(男性)です。

恐らく誰もが一度は感じたことがあると思いますが、「あの病院、絶対に先生の好みでスタッフ選んでるよね」というアレです。

僕が定期的に通っている医者はご夫婦で経営されているのですが、スタッフの方は全員20代の女性。しかも全員可愛い。

男性は院長先生ひとりです。

若い女性が集まっているので、院長に対する不満を聞いたこともありますし、スタッフはスタッフなりに院長の扱い方を掴んでいる様子ですが、その院長はいつもピシッピシッと指示を出していて、極力患者を待たせない。

マネジメント力がすごいなぁといつも盗み見ています。もちろん、ウデも良いのでかれこれ何年も通っています。

それをスタッフさんに言うと「そうですか?」と怪訝な顔をされますが…。

とにもかくにも、僕より遥かに年上の院長先生があれだけの人数のイマドキ女子を使いこなすのは…とてもとても真似できません。羨ましい環境だなぁと正直思いますが、僕には無理な技です。

そういうのを横目に見ながら、いざ自分が人を使って仕事をするようになったら…という事を想像しながら、予備知識として意識して頭に入れておくだけでも違うかなと。

経営のノウハウ本だけでは身につかない、生の経営者のスキルを見て学ぶ。そういう姿勢でいれば成功に一歩でも近付けるかなと。

そのうち当事務所も看板娘を雇いだすかもしれません(笑)

という冗談はさておき、経営者である以上、自身の生活はもちろん従業員の生活やお客さんとの信頼関係など、色々と背負っているものがあります。

そういう立場を長く続けている人から成功体験や悩みなどの話を聞かせて頂けるとふむふむなるほどと勉強になります。

無駄に長い期間を税理士試験だけに費やしてきたので世情に疎いところがあり、とにかく年長者や先輩の話を聞くようにしています。

そういう意味では冒頭のGacktさんの言っている事を実行できているのかなと。

まだ仕事を軌道に乗せることすらままならない身ですが、常に学ぶ姿勢をもってどこまでも高みを目指していきたいものです。

Follow me!