どこまでも発展途上

「先生」と言われても

税理士という仕事柄、いろんな所で「先生」と呼ばれます。

苦手なので「先生とは呼ばないでください」と言っていますが、お客さんの中には「先生」と呼ぶ方がしっくりするという方もいるので、その場合はそのように受け入れていますが。

僕の中では税理士業も「接客業」だと思っています。「先生業」ではないなと。未だふんぞり返って上から目線の税理士や税理士事務所もありますが。

満足したら停滞する

なまじ業界歴は20年近くありますが…自分の力について「これでいい」と思ったことはありません。

今でも仕事に対する怖さはあります。

でもその怖さがあるからこそ手間をかけてリスクをひとつひとつ潰していく作業をするわけです。

人を雇ってやればある程度任せられますし、件数も多く抱えられますが、僕は「雇わない」ことを選びました。

怖さの中で慎重にかつスピーディーかつ臨機応変に…多くのことを要求される立場ですから常に「これで良いのか?」と言い聞かせなければなりません。

もちろん個々の案件では満足して終わらせなければ申告できませんので、そういう意味での「良し!」はあります。ただ、税理士としての仕事の流儀にはこの程度で満足してはいけないなと。

税理士は生涯現役も可能な仕事。ならば生涯学び続けて生涯向上心を持ち続けなければ…。

今できてるからこれで大丈夫。そう思ったら停滞し、高転びします。

そうならないためにも毎日を丁寧に、マンネリなく生きていくようにしたいものです。

Follow me!

前の記事

前ばかりじゃない

次の記事

コロナ第3波の中で稼ぐ