悪徳営業の対応

ここのところ毎日のようにビスプラットフォームという会社から電話がかかってきます。

どうやら対税理士のサービスを売りにしており、税理士に対してアポ電をしているそうです。

この会社のホームページにもそれとなく「そんなスタンスでやってるからよろしくね!」的なニュアンスを感じさせるように書かれています。

公表していない電話番号が漏れている?

この会社、とにかくほぼ毎日、しかもプライベートの携帯電話に、営業時間外に電話をかけてきます。

当然、知らない番号なので出る気もなく無視していたのですが、あまりにしつこいのでこの番号を調べてみたところ、ビズプラットフォームという会社でした。

テレアポとはこういうものなのでしょうが、令和になってもこんな非効率な営業をしているようではたかが知れています。

そもそも勝手に人の電話番号を入手して、人を不快にさせて、モノを買ってもらえると思っているのでしょうか?

買って欲しいと思うならせめて飛び込み営業で来いと。それが礼儀かと。

とにかく、知らない人からモノは買いません。

そんなイライラが募り、この会社のホームページから「営業電話お断り」の旨を伝えようとしたのですが…。

「苦情はこちら」というメールアドレスが繋がりません(笑)

この辺からもうおかしいのですが…。

通じないので「お問い合わせ」からクレーム入れて、僕のプライベートの電話番号をどこで入手したのかも問い合わせました。

その返事が、

先生の携帯電話に関してましては、2020年4月8日に弊社の担当が携帯電話へ連絡をさせて頂いておりましたが、その担当が既に退職しており、取得した経路が不明の状況でございます。誠に申し訳ございません。勝手な推測で大変恐縮ですが、当時先生のHP上もしくはその他のサイトに掲載されておりましたら、そこで取得をさせて頂いた可能性がございます。

と。

僕のホームページには電話番号も住所も載せていません。

4/8はまだ前職の事務所に勤務しています。

当時の担当がいないから分からないとか、まぁありきたりな返事だなと。

とりあえず今後一切連絡しないという返事なので(信用できませんが)放置しておきますが、存分に「怪しい」と思わせていただきました。

どうせこのような営業方法でやっているのだし、この会社がかけてくる電話番号(しかも携帯電話)を検索すると「迷惑電話」で引っかかるので、広くそう思われてる会社なのでしょう。実名を出したところで、こちらが勝手に個人情報を使われて不快な思いをさせられてるのでお互い様です。

まだまだ氷山の一角。

税理士になったとたん、色んな営業が寄ってきます。

それもこれも税理士会が個人情報を保護しないから。固定電話の番号と住所と顔、せめて電話番号だけでも空欄にしてくれと頼んでも「名簿を見て税理士を探す人もいるのでダメです」と。

国家資格の世界はまだまだ古い人間と古い感覚が蔓延っています…。

Follow me!

前の記事

健康の維持

次の記事

キミなら大丈夫