作業進行中に中途解約されたら…

正しい事をしても怒られる

これを守らなければダメなのです。ダメなものはダメです。

今日、ほぼ申告書が完成していてあとは来所して頂いた時に打ち合わせをして最終調整…というお客さんから中途解約されました。

「自分でやるので、お代は払うから着払いで返送してください」と。

まぁ、うすうす何が気に食わないのかは検討がつきました。

この方、コロナ禍にも関わらず頑張っていてコロナ前の前回の申告よりも200万円所得が増えていました。

さらに特定扶養親族が今回からゼロになり…。

事前に税額が増えるとお伝えしたわけです。

他にも場合によっては租税回避行為(脱税)と取られかねないことをしていたので、その確認をお願いしました。

まず、身内を従業員にして給料を払う場合、それを経費とするにはしかるべき届出事前にしなければなりません。タイミングが決められています。それが今回、話を聞く限り間に合っておらず…それを確認する必要がありました。

そこを拒まれた。と解釈しています。今回の突然の解約は。

事業所得で年イチで30,000円。

前職の悪しき風習で安過ぎます。前職のボスが引退して、それを知らずに依頼をして来た人には僕の電話番号を勝手に教えていて僕の所に来るわけです。

前の料金と同じだと思い込んで。

田中晃広税理士事務所は閉鎖した橋本勝男税理士事務所とは関係ありません。当事務所には当事務所の料金表があります。

ケチる人ほど…あるある

どんなことでもありますが、ケチる人ほどああだこうだと言ってくるものです。

安くしろ、でもクオリティはしっかりと。それは傲慢ですし社会に参加していません。

例えば美容院を営んでいる人が客に「あっちの病院は3,000円だったけど?」と言われてもその美容院なりの料金表があるわけです。

ラーメン屋もフランチャイズでない個人のラーメン屋ならそれぞれ値段が違います。

そういう事です。

それが分からない人にはそれなりのサービス精神しか出てきません。

税理士が安売りをするとしたらそれなりです。実際にこれが我が師匠か…と目を覆いたくなるような杜撰さを発見し税金が安くなったケースもあります。

もし当事務所の料金が高い、払えない、払う価値を見出せないというようでしたら全国に14万人いる他の税理士に頼むなり自力でやっていただければと。

お互い限られた人生という大事な時間、嫌な思いをすることはありませんので。

Follow me!