免除通知は1年待ちを覚悟せよ!

この時期、免除通知が発送されます。

去年から急に遅れるようになり、3月の大学院卒業直後に論文を送っても免除通知は12月。税理士に登録できるのは翌年2月くらいになります。

今日、一緒に郵送した仲間に免除通知が届きました。

卒業式を終えたその足で一緒に郵便局へ行き、同じタイミングで郵送したのですが、僕のところには免除通知が届きませんでした。

3回も問い合わせたが…

一昨年までは3月に提出したら8〜10月くらいに通知が届いたそうです。

それが12月下旬になってもまだ届かない!!

独立開業の準備をしているのになかなか進めないので苛立ちを隠せません。

10月頃から定期的に国税庁に問い合わせても毎回「審査中です」の一点張りです。

おおよそいつ頃になるのか、進捗具合はどうなのか、何も教えてくれません。

税目によって免除のタイミングがかわる

今日免除通知が届いた仲間が2人。

どちらも同じ大学院です。

1人は僕と同時に郵送して3月下旬の受理。

もう1人は1年早く卒業したけど書類の不備に気付かず、結局受理されたのは今年の1月。

その2人は相続税の論文でした。

僕は所得税。

2人が同日に同着。

僕はまだ審査中。

問い合わせた際に根掘り葉掘り尋問したのですが、どうやら(というか当然に)税法が違えば審査する人が違う。

卒業式近辺は提出が殺到しますが、理由はそれだけではなさそうです。

審査員の都合が大きく影響するようです。

 

審査1つに9ヶ月超も待たせるのは働き方改革の影響なのでしょうか?

これから論文を提出する人は1年待ちは当たり前くらいの覚悟をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

合格発表の日