静岡市のコロナ給付金について

新型コロナの感染拡大によって営業を自粛し、不安な日々を送っている方が多くいらっしゃいます。

静岡市においても、市の休業要請に協力して休業した場合には、1事業者あたり50万円の協力金がもらえるようになりました。

静岡市以外の市町村においても同様の制度があるかと思いますので、それぞれの市町村のホームページにてご確認ください。

㊟2020年4月27日最終更新の情報です。今後変更される場合もありますので、詳細は静岡市ホームページにてご確認ください。

対象となる人・要件

  1. 静岡市の休業要請に協力して、要請の対象となる施設を休業する中小企業・個人事業主
  2. 令和2年4月27日(月)〜5月6日(水)までの間ずっと休業した中小企業・個人事業主

㊟2.の期間中、1日でも営業してしまったらアウトです(テイクアウトの販売はOK)。休業要請対象施設はこちらでご確認ください。

休業=必ず貰えるではない

残念ながら、自粛して休業したからといって自営業の皆さんが全員お金を貰えるわけではありません。

必ず「休業要請対象施設確認表」を見て、自分の仕事と仕事場の延床面積が静岡市の要請の対象になっているかを確認しましょう。

食べ物屋さんの中でもカフェやご飯屋は対象なのに、和菓子店・洋菓子店は延床面積に関わらず対象外です。その場で食べるかどうかという論点で、和菓子店・洋菓子店といえど店内にイートインスペースがあって店内飲食が可能な店構えでしたら対象になるのかも知れません。静岡市新型コロナなんでも相談ダイヤルに問い合わせてみてください。

支給額は50万円

先にも述べましたが、1事業者あたり50万円が支給されます。ただし、複数の事業を営んでいてそれぞれ休業に協力した場合には100万円が支給されます。

申請手続き

受付期間

  1. 申請受付期間:令和2年5月7日(木)〜6月30日(火)
  2. 協力金の支給:5月中旬以降を予定

申請方法

  • WEBを通じた電子申請
  • 郵送

必要書類

  • 協力金申請書
  • 営業実態が確認できる書類(確定申告書のコピーのほか、直近の帳簿、営業許可証のコピーなど)
  • 休業の証拠(休業をお知らせする貼り紙の写真、事業収入が分かる帳簿のコピー)
  • 誓約書(申請書の内容に虚偽がない、市からの休業要請に協力してくれたという施設名の公表、暴力団と関係がないこと)

5月1日(金)に静岡市ホームページにアップされる予定です。なお、ネット環境が無い場合でも5月7日(木)までに静岡市各区役所、支所などで配布される予定です。

問い合わせ先

静岡市新型コロナなんでも相談ダイヤル

電話番号 0570-08-0567

受付時間 9:00〜20:00(毎日)

Follow me!