こんな中で起業

コロナショックで会社の資金がショートしているところが増えているそうで、金融公庫に40万件超の融資の依頼が殺到しているそうです。

同業者からは「コロナの融資でてんてこまいだから起業の融資は門前払い食らうよ」と。

そもそも入口が違うのだから門前払いされる謂れはないだろうと思うのですが、異常事態の中ではそんなものだろうと。

公庫が立地的に行くのがめんどくさいというのもあったので、何かないかと調べてみたところ、県の制度融資がありました。

さっそく近所の信用金庫で事業用の口座を作りつつ融資について聞いてみました。

これなら難なく借りられそう

もちろん、事業計画や借入希望額の妥当性などを示す必要がありますが、コロナ対策に枠を全部持っていかれるということもなく、窓口の方も恐らく問題ないでしょうと。

貯蓄の自己資金を切り崩し続けて運転資金に充てるのはいささか心許ないので。

借りるならお早めに

関与先さんでコロナの影響により売上が激減した所があります。

「今後、同じ境遇の人がいっぱい出てくるから早目に行った方が良いですよ」とお伝えしたのですが…。

借金する事に対する抵抗感や幾ら借りたら良いのか分からないなど、不安が残ってアクションが遅れました。

個人的にはコロナショックはまだ序の口。これから経済的な影響が本格化すると思っています。

遅くなればなるほど窓口に殺到して手続きが遅くなり、お金が入金されるのも遅くなるのではないかと危惧しています。

運転資金をショートさせぬよう、情報が降ってくるのを待つのではなく、自らアンテナを張って掴みましょう。

Follow me!

前の記事

プロ意識を学ぶには