借入金のススメ

コロナウイルスが経済にも大きな影響を及ぼしています。

僕が担当させて頂いているお客様のところも稼ぎ時のシーズンにコロナが現れてキャンセルが相次いでいます。

「想定外」は、ある。

キャンセルや過剰自粛のためにお金の流れが狂っています。

ホテル業に至っては相次ぐキャンセルによって倒産に追い込まれた所もあるそうです。

今回のコロナウイルスに関しては政府のセーフティーネットとして融資を受けられる等の制度がありますが、会社を維持する上でのリスクはコロナだけではありません。

コロナのような「想定外」は他にもあります。

  • いきなり取引を打ち切られた
  • 売上金が回収できなくなった
  • 社長が入院した、亡くなった
  • 新築したばかりの社屋が火災で全焼した
  • 自然災害に見舞われた

これらは僕が実際に見てきた案件です。

これらの結果、廃業に追い込まれた会社もあれば、自転車操業でなんとかやりくりできている会社もありますし、何の問題もなく利益を出し続けている会社もあります。

お金の心配をなくすために。

僕は常々「銀行からお金を借りましょう」とお伝えしています。

  • お金は足りてるし!
  • 金利なんて払いたくないよ!
  • 借金を背負いたくない!
  • やっと返し終わったのにまた借りるのか!

と言う人がいます。

ですが、考えてみてください。

先に述べた「想定外」が起こってからお金を借りるのは難しいでしょう。

事が起こって、状況が良くない決算書を銀行が見たら…貸してくれないかも知れませんし、高い金利を要求されるかも知れません。

自身に資産がたくさんあれば良いですが、そうではない人がほとんどかと。僕も含めて。

つまり、いざという時に銀行から借りれなかったらアウトです。

お金が足りないと、支払ができません。

支払いができないと従業員や取引先、自分自身にも迷惑をかけることになります。

そうならないために、会社に余裕がある時こそ借金しておきましょう。

「ウチは無借金会社だから」は自慢になりません。

経営状態の良い決算書を銀行に見せておけば、銀行側から「借りてくださいよ〜」と頭を下げに来ます(こっちが苦しくなると態度が一変しますが)。

それでも、向こうから来るうちは良い条件でお金を借りられます。強気で金利の交渉に臨めます。

金利を払いたくないというのはありますが、銀行に対する交際費と思いましょう。

そして常に会社にお金がある状態をキープしましょう。

困った時にだけ国に頼るのではなく、自身でセーフティネットを準備しておきましょう。

備えあれば憂いなしです。

Follow me!

次の記事

依存して生きるから…